1. TOP
  2. 學部?大學院
  3. 研究ブランディング事業
  4. 事業実施體制

4.1 事業実施體制

(a)學長をトップにした、「將來構想検討委員會」で「將來ビジョン」、「ブランド戦略」、「研究ブランディング事業」を統括する。

(b)「研究ブランディング事業」を推進し、3年間で成果を確実にするために、副學長、商學科長を中心とし、3研究科長、3學部長、教學部長で構成する「研究統括グループ」を設置している。

(c)「研究推進グループ」は、社會的側面から研究を推進する3分野3研究テーマと、経済的側面から研究を推進する6分野11研究テーマで構成している。これらの研究テーマの內、社會的側面研究では2研究テーマ、経済的側面研究では6研究テーマが、本學で2016年から実施している「岡山商科大學研究ブランディング事業」で既に県內市町村で學生の參加を得て研究を推進しているので、本事業ではこれらの研究を更に3年間推進する。また、経済的研究側面の「特産品開発」の4研究テーマは、二松學舎大學と「フードビジネス」に関する共同研究を実施しており、「寄り添い型研究」の中核をなしている。

(d)全學的な支援體制として3學部、3研究科の教員による「研究支援グループ」、學生の研究への參畫のための學生支援體制(ボランティア部、1年生から4年生でのゼミ)を構築している。

(e)「寄り添い型研究」の実施場所は、主として岡山県內の市町村であり、産學官連攜センター、社會総合研究所は、包括連攜協定締結の推進、教職員の市町村での教育研究の実施を支援する活動によるネットワーク、人的連攜の豊富な資源を有しており、それらを活用して研究推進を支援する。なお、9研究グループの地域での活動のコーディネート、アンケート、調査分析を行い、成果を確実に達成するために、研究補助者を1~2名、3年間雇用することを予定している。

(f)事業の外部評価は、全體計畫、成果については「教育研究協議會」で実施する。本會は、市町村長2名、企業経営者1名、(一社)岡山経済同友會教育社會貢獻委員會委員長で構成している。また研究の実施、事前打合せ、意見の聴取は、包括連攜協定を締結している7市町村の委員で構成する「RB実施委員會」で、実施、進捗狀況について評価を受ける。

(g)學內での評価は、本學の教育、研究活動の全ての評価を行なっている「自己點検?評価委員會」が擔當する。

4.2 事業実施の全學PDCAサイクル位置づけ

(a)本學は、中規模の大學であるので、全學的な事項は全て「將來構想検討委員會」で発議、検討し、関連部署へ審議を依頼する體制としている。「將來ビジョン」、「ブランディング戦略」、「研究ブランディング事業」は、全學的な課題であるので、當委員會で所掌し、各研究科、各學部、所掌部署での検討、承認を受け、評議會で最終決定された。

(b)「將來ビジョン」は、「全體ビジョン」、「教育ビジョン」、「研究ビジョン」、「地域連攜ビジョン」、「國際化ビジョン」で構成し、各ビジョンのPDCAサイクルは、下表に橫一列で示しているが、全體ビジョンのPDCAサイクルが最上位に位置づけられている。

(c)計畫(P)の段階は、全て「將來構想検討委員會」で発議され検討される。今後10年間の「將來ビジョン」では、全學的な取組として大學の獨自色を明確に表示するために、「ブランド戦略」を位置づけ「地域と呼吸する大學」をブランドとして定著させることを決定した。

(d)研究活動の一部に「寄り添い型研究」を位置づけており、「研究統括グループ」と參加研究テーマとで、評価指標、達成目標を決定した。研究は、研究テーマ毎で実施し、成果は評価指標の達成目標に基づいて2ヵ月毎に評価し、未達成の場合には早急に対策を講じ、研究を進める。3カ月毎に研究統括グループで進捗狀況、目標の達成狀況を把握する。

(e)學內の教育、研究活動の點検評価(C)は、全て自己點検?評価委員會で実施しているので、「研究ブランディング事業」の研究テーマの達成目標の評価も當委員會で実施する。將來ビジョンの核になっている「地域と呼吸する大學」のブランドを確立するためには、ステークホルダーの認識度を評価する必要があり、年1回のアンケートの実施、IR委員會によるまとめに基づく評価を実施する。

(f)教育活動の評価は、自己點検?評価委員會で所掌している。本學では、大學機関別認証評価の報告書の審議を自己點検?評価委員會で実施しているので、地域貢獻活動、國際化活動もそれに含まれており、ステークホルダーの認識度を評価する必要があるため、これらの活動の評価も當委員會で実施する。

(g)実施(D)、追加修正実施(A)は、研究科、學部、所掌部課で実行する。特に本事業では、「地域と呼吸する大學」をブランドとするために、全教職員はステークホルダーの認識度を高めるように活動に取組む。

將來ビジョン、ブランディング戦略、研究ブランディング事業のPDCAサイクル

PDCA
サイクル
擔當部署
及び擔當事項
全體 教育 研究 研究ブランディング事業 地域連攜 國際化
P 將來構想検討委員會
ポリシー(P)策定
研究テーマ
全體ビジョン
ブランディング戦略
教育ビジョン 研究ビジョン
研究ブランディング事業
「寄り添い型研究」
研究ブランディング事業
地域貢獻ビジョン 國際化ビジョン
D 大學院、各學部、所掌部署
実施計畫と目標
実施體制、実施と管理
大學院、各學部
教學部、入試部
キャリアセンター
大學院、各學部
教學部、入試部
キャリアセンター
教員各自
グループ研究班
研究統括グループ
推進グループ
産學官連攜センター
社會総合研究所
各學部
國際交流室、教學部、入試部
C 自己點検評価委員會
成果の評価、表彰
修正案の作成
教育、研究、社會貢獻
國際化
総合評価 授業評価アンケート
シラバスのカリキュラム
ポリシー9項目評価
學修動向調査
教員GP表彰制度
教員活動申告書
業績書提出
教員GP表彰制度
提案している評価
指標と目標値
交流協定の締結
地域との共同研究
外部の競爭的資金の確保
大學間交流協定締結
留學生の入學者數
A 大學院、學部、所掌部署
修正案の作成
実施體制の見直し
実施と管理
大學院、各學部
教學部、入試部
キャリアセンター
産學官連攜センター
大學院、各學部
教學部、入試部
キャリアセンター
産學官連攜センター
教員各自
グループ研究班
ブランディング事業
研究統括グループ
推進グループ
産學官連攜センター
社會総合研究所
各學部
國際交流室
教學部、入試部

4.3 學外との有機的な連攜

(a)「寄り添い型研究」の基本は、地域との「共同/協働」であり、學生、教員、自治體関係者、地域住民との有機的な連攜は、従來から行われているので、確保できている。

(b)本事業を構成する研究テーマの研究者は、フィールドスタディで學生と地域に出かけたり、地方自治體の各種委員を委囑されたりしているので、住民、地方自治體関係者との信頼関係を築いている。

(c)産學官連攜センター、社會総合研究所には、地域対応の豊富な経験を持つ職員2名を配置し、本事業推進支援の中心的な役割を擔っている。